★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★

 いつまでも、その年代を美しく。。★…。

 『きれい通信』。★…。  

★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★

こんにちは、「美健漢方研究所」専務の木下です。

寒暖差の激しいこの頃ですが、いかがお過ごしですか?

わたしの住む千葉では、昨日10度かと思えば、今日は26度。身体の具合がおかしく
ならないほうが不思議という状況で、そのせいでしょうか、風邪が流行っています。
この季節の風邪は治りにくいとも、よく言われますね。
体調が良くないと、お肌の調子にも影響してくるもの。
くれぐれもお気をつけください。

さて、5月~8月は、1年のうちでもっとも紫外線が強いと言われています。
お肌のUV対策にも、いよいよ本腰をいれなければならない季節となってきました。
かつては、日光は身体に良いものとされ、「日にあたらなければ病気になる」など
と言われていた頃もあります。
紫外線は害だけど、陽射しにあたらないのもよくないとなると……いったいどっち
が真実なのでしょうか。
そこで今回は、日光と身体、お肌との関係を、一度まとめておきたいと思います。
ご意見、ご質問、ご感想などございましたら、どんどんお寄せください。

☆  目 次
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 1.陽射しと身体と心の関係
 2.お便りコーナー

☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○~●1.陽射しと身体と心の関係●~○

よく知られている内容も含まれますが、簡単におさらいしておきたいと思います。
ご興味を持たれたところだけ拾い読みされても大丈夫なように、箇条書きでまとめ
てみたいと思います。

■□ 太陽の光について □■

太陽から降り注ぐ光で、目に見える光を「可視光線」と呼んでいます。
この目に見える光の中で、もっとも波長が長いのが赤い色。
これよりも波長の長い、目に見えない光が「赤外線」です。
逆に、目に見える光でもっとも波長の短いのは紫色の光ですが、それよりも波長の
短い、目に見えない光を「紫外線」と呼んでいます。

■□ 赤外線について □■

赤外線は、波長によって「近赤外線」「中赤外線」「遠赤外線」の3種類に分けられ
ます。一般的に赤外線と呼ばれるのは中赤外線。遠赤外線は、暖房器具などでよく
利用されていますね。このように、熱をもっていて、温めてくれる働きがあります。
身体や皮膚などに、害などは特にないと言われています。

■□ 紫外線について □■

陽射しの中で、UVと呼ばれているのが紫外線です。
「UVA波」「UVB波」「UVC波」の3種類に分けられます。

◆UVA波
UVA波は、紫外線の95%を占めています。もっとも波長が長く、肌の奥の真皮ま
で到達して、コラーゲン線維やエラスチン線維を傷つけて破壊してしまいます。
UVB波に比べるとエネルギー量が弱いので、肌を直接赤くしたり黒くしたりはし
ませんが、浸透力はナンバー1で、雲や窓ガラス、薄い洋服なども透過してしまい
ます。家の中にいるのに日焼けした、白いTシャツを着ていたらなぜか背中が日焼
けしていた、というのは間違いなくUVA波が原因です。

気付かないうちに、真皮に紫外線ダメージを与えているのです。
またUVB波が作ったメラニン色素を定着させて、肌を黒ずませたり濃くしたり、
シミを悪化させたりします。活性酸素もたくさん発生させて、肌にさまざまな悪い
影響を与えて老化を促進させます。DNAを損傷することもあります。

◆UVB波
UVA波に比べると波長が短く、肌の真皮にまでは到達しませんが、エネルギーが
強いので、肌の表面に炎症を起こして赤くする「サンバーン」や、黒くする「サン
タン」を起こします。赤みがひどくなると痛みを感じたり、水ぶくれになって火傷
のような症状を引き起こします。

◆UVC波
あまり知られていませんが、UVC波はもっとも強力で有害なUV波です。
波長が短いため、これまではオゾン層によってブロックされて、ほとんど地表に到
達することがなかったため、私たちの身体に害をおぼぼす心配はなかったのですが、
地球温暖化現象とともにオゾン層が破壊されつつある現状では、人体や動植物への
悪影響が予想されます。近年になって「紫外線」の有毒性が語られ始めたのには、
こういった原因もあるのです。

■□ 日焼け □■

日焼けの現象は大きく二つに分けられます。紫外線にあたった直後には何ともなく
ても、2~6時間経ったころに皮膚が赤くなり、6~48時間後に最もひどくなるサン
バーン(sunburn)と、24~72時間の間、色素沈着が進行するサンタン(suntan)
です。通常、ひどい日焼けをすると、3~8日後には皮膚が剥離し始めます。

◆サンバーン(sunburn)
サンバーンは、紫外線UVB波が表皮を透過して真皮乳頭体まで達し、乳頭体内の
毛細血管が炎症反応を起こして充血、皮膚の色が見るからに赤くなった状態を指し
ます。その際、紫外線量がメラニン色素の防御反応を超えていると、細胞組織が傷
を受け、発熱や水泡、痛みが起きます。医学的にはこれを「日光皮膚炎」と呼んで
います。

◆サンタン(suntan)
紫外線UVA波がメラノサイトに働きかけ、メラニン色素の生成を促すのがサンタ
ン現象です。メラニン色素を多く含んだ表皮細胞が、基底層から角質層に達するま
でには新陳代謝による時間のズレがあります。
紫外線を浴びてすぐに変化はなくても、しばらく経ってから皮膚が浅黒く変色する
のはこのためですね。UVA波は赤くなったり、炎症を伴ったりすることはありま
せんが、真皮の深部まで到達して、シワ、タルミの原因になります。

■□ 日焼けと老化の関係について □■

屋外で日焼けしたあとは、なぜか手などがシワシワになったり、乾燥して固くなっ
たりしますね。これは深層まで届くUVA派によって、コラーゲンやエラスチンが
破壊され、肌が弾力を失ったことが主な原因です。コラーゲンが減少すると肌が重
力に負けて下にさがってきます。つまり、たるんできます。

また、紫外線を受けた肌は、有害分質への抵抗力を増すため、表皮を厚くします。
これは、生物が持つごく自然な防御反応と言っていいでしょう。肌の表面の角質層
が厚くなることによって、これまで小ジワだったものが、より深い皺に刻まれてゆ
きます。紫外線は、殺菌効果がありますが、これが行きすぎると生物を殺傷する作
用へとつながります。

DNAを破壊したり、白内障を誘発することもあります。太陽の光を浴びてはいけ
ないということではありませんが、老化を防ぎたい部分には、十分なUVケアをし
て出かけることが大切です。できたら、家の中でも、ケアをしておきましょう。

■□ 日光浴の必要性について  □■

紫外線の害が語られる反面、健康のためには日光浴が必要だと、昔から言われてき
ました。そのため、混乱している方が多いかと思います。
日光浴が必要だとされたのは、陽射しを浴びることによって体内でビタミンDが形
成されるためで、北ヨーロッパなどの日照時間の少ない地域では、ビタミンD不足
によって子供たちが「くる病」にかかったりしていました。
現在ではそういったことはなくなりましたが、インドやアフリカなど肌の色の濃い
人たちが、北ヨーロッパなどに移住した場合は、やはりビタミンD不足による身体
の不調が起きています。

ただ、日本に住んでいるかぎりは、家の中で過ごし続けてていても、日照不足によ
るビタミンD欠乏症は稀です。日常生活で浴びるわずかな紫外線と食生活で、十分
ビタミンDを生成することができるからです。
年のため基準を示しておきますと、人間の場合、午前10時から午後3時の間、少なく
とも週に2回、5分~30分の間、日焼け止めクリームなしで、顔、手足、背中に日光
を浴びることで、十分な量のビタミンDが体内で生合成されるとされています。

また、あまりに紫外線に対して神経質になって日光から遠ざかると、心の病の心配
も出てきます。実際、「うつ病」にかかった人の治療方法として、日光を浴びたり、
機械を使って光を当てるといったことも行われています。
過敏になることなく日常生活を送り、ケアだけはしっかりとしておく、というのが
最も健康的な紫外線との付き合い方ではないでしょうか。

★自然派UVケア化粧品はコチラ↓
http://biken-k.com/products/detail.php?product_id=31653170
http://biken-k.com/products/list.php?category_id=72

◆化学成分を使った日焼け止めが合わない方には、自然派のオイルが、トラブルも
なく効果的です。とくにスクワランオイル(深海鮫油)は、人の身体の脂にもっと
も成分が近く、UV防御機能もあって、安心してお使いいただけます。

★スクワエッセンシャルオイルはコチラ↓
http://biken-k.com/products/detail.php?product_id=31519974

★日焼けした古い角質を落とす『パパイヤフェイシャルソープ』はコチラ↓
http://biken-k.com/products/detail.php?product_id=31517713

★パパイン酵素で古い角質を落とす『ハーブモイスチュアパック』はコチラ↓
http://biken-k.com/products/detail.php?product_id=31519854

★塗るだけで角質をソフトピーリング。
フルーツ酸入りの『ハーブコスミッククリーム』はコチラ↓
http://biken-k.com/products/detail.php?product_id=31519664

★シミやソバカスが消える! 対策化粧品はコチラ↓
http://biken-k.com/products/detail.php?product_id=31652605

★日焼けした肌にうるおいをたっぷり与える自然派基礎化粧品はコチラ↓
http://biken-k.com/products/detail.php?product_id=31518339

○~●2.お便りコーナー●~○

美健漢方研究所に寄せられたお便りをご紹介します。

わたしが美健さんに初めてお電話をしたのは、ちょうど去年の梅雨前頃でした。
雨上がりでお天気のいい日にゴルフに出かけたのですが、気温が高かったこともあ
り、暑くて、ノースリーブでラウンドしました。

ほどよい風邪も吹いて涼しく、緑も青い空もきれいでとても気持ち良く回ったので
すが、終わってお風呂にはいったときにびっくり。肩と腕、ふくらはぎが日焼けで
真っ赤になっていたのです。
じつはまだ春先ということもあり、油断して、日焼け止めを塗るのをすっかり忘れ
ていたのです。その日の夜には痛くてたまらなくなり、眠れないほどでした。
これはきっとシミになって残るに違いありません。

こういった状況を電話で相談したところ、紫根化粧品を教えていただきました。
紫の根というのは昔から火傷の薬として使われていたそうで、日焼け後も使い続け
ると、シミやソバカスまで消えていく作用があるのだとか。
美健さんにも紫根を使った化粧品がありますが、決して自社のお品をすすめること
なく、そこまでひどい症状なら、同じ紫の根で作った『紫雲膏』という漢方の薬が
あるから、まずそれをつけたほうがいいことも教えていただきました。

そちらは自分で探し、それと別に美健さんで「シコンエキス基礎化粧品」のシリー
ズを頼んですぐ届けていただきました。
『紫雲膏』は独特の臭いも癖もあるので、傷みが治まるまで使ってやめ、その後は
美健さんの化粧品の方を、顔だけじゃなく肩や腕にも使いました。

おかげざまで痛みはすぐにおさまり、シミはちょっと残っていますが、今はもう消え
ています。その後すぐ、テレビ番組で紫根の効果が報道されたときには、ほんとうに
びっくりしました。品薄になってしまったそうで、早く頼んでおいてよかったです。
1年使い続けて、肌も白くなったとよく言われます。
これからも愛用していきたいと思います。

★紫根エキス化粧品はコチラ↓
http://biken-k.com/products/list.php?category_id=69

〓〓 お知らせ 〓〓

化粧品原材料の働きなど、詳しく説明したブログが好評です。
生薬成分の効果などについても解説しています。
美健漢方のホームページと合わせてご覧ください。

「化粧品 知っトク情報・資料館 ~知っておきたい化粧品の情報~」
      ↓↓
http://cosmetics-suhadabizin.com/

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

●~○お友達紹介キャンペーン好評実施中●~○

お友達を紹介して、艶麗ミニボトル&お得なポイントをGET!!
詳しくはコチラをご覧ください♪
 ↓↓
http://biken-k.com/user_data/campaign.php

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

最後まで読んでくださって、ありがとうございます^^
来月も、どうぞおたのしみに。。。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

~漢方自然派化粧品の通販なら~
 
美健漢方研究所
ご相談・お問い合わせはお気軽に
(?)0120-122-457
http://biken-k.com/
info@biken-k.com 

配信停止を希望される方は、お手数ですが上記アドレスまで
タイトルに「配信停止」と明記してご連絡ください。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━