★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★

いつまでも、その年代を美しく。。★…。

『きれい通信』。。★…。

★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★

こんにちは、「美健漢方研究所」専務の木下です。
寒い日はまだまだ続きますが、体調、お肌の調子はいかがですか?
保湿などのお手入れと同時に、身体の中から整えることも大切ですね。
そこで、今回は、ちょっと最近気になっているトランス脂肪酸について調べてみま
した。冬の乾燥対策、敏感肌対策と合わせて、お役にたてていただければ幸いです。

☆  目 次
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.アレルギーの元・トランス脂肪酸
2.おたよりコーナー

☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

1.アレルギーの元・トランス型脂肪酸

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

かつては、動物性のバターよりも植物性のマーガリンがヘルシーとされていました
が、マーガリンには有害な「トランス型脂肪酸」が含まれていることが最近よく報
じられています。
マ―ガリンだけでなく、市販のスナック菓子やレトルト食品にも含まれています。
2006年12月5日ニューヨーク市では、市内全ての飲食店で、この「トランス型脂肪
酸」使用を禁止することに決定しました。つまり、それだけ有害ということですね。

【そもそも、トランス型脂肪酸とは何でしょうか?】

トランス型脂肪酸は、自然では存在しない不自然な形の脂肪酸です。 主に、マー
ガリンやショートニング(クリーム状の食用油脂)、またこれらを原料として製造
される食品、動物の肉や脂肪中などにも含まれている脂肪酸の一種です。

ちょっと難しい話になりますが、脂肪酸というのは、大きく「飽和脂肪酸」「不飽
和脂肪酸」の2つに分けられます。この不飽和脂肪酸の中で、炭素に結びつく水素
の向きが同じ向きのものを「シス型」と呼びますが、互い違いになっているものも
あり、それを「トランス型」と呼んでいます。これが、トランス型脂肪酸です。

トランス型脂肪酸は下記の過程で作られます。

(1)油の高温加熱の過程で生成
(2)植物油脂などを加工する際、水素添加の過程で生成
(3)自然界では、牛などの胃の中で、バクテリアにより生成

以上からもわかるように、天然ではほぼ存在しない形の脂肪です。

【気になるトランス脂肪酸の害とは?】

では、実際にどのような害があるのでしょうか?

ひとつは、「心臓疾患のリスク」があげられています。トランス脂肪酸を多くとり
すぎると、悪玉コレステロールが増え、動脈硬化などのリスクが増加します。
また、米国医学学会(Institute of Medicine)が報告によると、肝臓に悪影響を
及ぼしてコレステロール調節機能のバランスを崩し、善玉コレステロールをさらに
減少させるそうです。この両方によってルスクは2倍になり、動脈硬化をますます
促進して、心臓疾患のリスクを驚異的に高めると言われています。

また体内の酸化が進み、細胞遺伝子が酸化されて、「ガンになる可能性が高くな
る」とも言われています。他にも、「CHAP」(Chicago Health and Aging Project
s)、米国神経学会が発行する学術誌、Neurology誌2004年5月11日号などで、トラ
ンス脂肪酸をたくさんとっている人ほど、認知機能が早く低下する、つまり「痴呆
のリスク」があることを伝えています。

【アレルギーとトランス型脂肪酸の関係】

また、お肌にとって気になるのは、トランス型脂肪酸が健康によくない理由のもう
ひとつに、アレルギーや免疫力の低下があげられていることです。
腸壁や皮膚の細胞膜にトランス型脂肪酸が取り込まれると、本来のシス型脂肪酸と
立体構造が異なるため細胞膜の隙間ができ、体に有害なものが入り込むことで、ア
レルギーなどを引き起こすからです。

脂肪酸は全ての細胞の細胞膜の原料として不可欠ですが、トランス型に変化すると、
体内で細胞膜が作られるときに弱く不安定な細胞膜となります。
そのため、ウイルスや細菌が進入しすくなって免疫機能を弱らせます。
アレルゲンとなる異物も進入しやすくなり、アトピー性皮膚炎や、アレルギーとの
関連も指摘されているのです。

日本人の平均では、皮下脂肪の中に約4%のトランス型脂肪酸が含まれますが、ア
レルギーのある場合は、もっと多量のトランス型脂肪酸を含んでいると言われてい
ます。また、このトランス型脂肪酸を体外に排泄しようとすると、多量のビタミン
類やミネラルを消費することもわかっています。

【トランス脂肪酸が含まれる食品】

トランス脂肪酸は、主に以下のような食品に利用されています。

●マーガリン
マーガリンは、液体である油を塗りやすく、常温でも固体であるように熱を加えた
り、水素を添加したもの。それに味・香り・色を着けたものです。

●ショートニング
ショートニングは、パンや菓子の原料の練り込み用の固体化した植物油脂です。
無味無臭です。ラードの代用として、料理に使われる場合もあります。

●植物油
製品によって異なりますが、一般的な精製する過程で高い熱を加えるため、一部が
トランス脂肪酸に変化しています。

●コーヒーフレッシュ
あまり知られていないのですが、コーヒーなどに使う小さなパックのミルクは、油
を乳化剤で水に溶かして製造します。実際にはミルクは使われていません。

●市販の菓子類
チョコレート・スナック菓子・パン・ケーキなど。

●カレールウ・シチュールウ・マヨネーズなど。

●ファーストフードなどで使われる油を含むもの(ポテト・チキンなど)。

●コロッケや惣菜などで何度も使用されている油。

この脂肪酸が、広く利用される大きな理由は「低コスト」「酸化しにくく、品質が
保たれること」です。そのため多くの食品に頻繁に利用されています。
「トランス型脂肪酸」は、「狂った油」とも呼ばれています。
とくに小さなお子さんの場合、レトルトや外食の食生活が続いたり、市販のお菓子
を食べ続けていると、アレルギー症状が強くなる場合があります。気を付けてあげ
ていただきたいものです。

【トランス脂肪酸への対策】

体に良いと思っていたマーガリンが実は有害。
では、現段階でできる具体的な対策はあるのでしょうか?

(1)原材料表示の中の「マーガリン」「ショートニング」をできるだけ避けましょ

「植物油」「植物油脂」「植物性油脂」「加工油脂」など、現状ではほとんどがト
ランスファットを含むと考えるべきです。ただし、良心的なメーカーによる「圧搾
絞り」「コールドプレス」等の表示がある場合には、トランスファットを含む可能
性は低いと判断してよいでしょう。

(2)ファーストフードやファミリーレストランでの外食を控えましょう

メニューを選ぶ場合も、ポテトフライや揚げ物を避けること。特に体調の悪い時に
は、外食やレトルトを控え、新鮮な野菜や魚を食べるように心がけましょう。

(3)マヨネーズや油脂分の多いメニューを減らしましょう

WHO(国連世界保健機関)・FAO(国連食糧農業機関)の合同専門家協議会報告書で
は、エネルギー比でトランスファットの摂取は1%未満を提唱しています。
国際脂肪酸・脂質学会は1日2g以下を勧告しているので、許容量としてはこの数値
が参考になるでしょう。

(4)できるだけ、n-3系のαリノレン酸をとるように心がけましょう

シソ油などのαリノレン酸や、魚の魚油に含まれるDHAやEPAは、トランス脂肪酸を
抑制させる効果があるとされています。家庭で利用する際は、できるだけ油の長時
間の加熱(揚げ物、フライパンに長い時間、高温で油を熱さない)を避け、少量で
もαリノレン酸の油を加えてみてください。

(5)無添加食品の落とし穴に気をつけましょう

油脂に限らず、加工食品全般に言えることですが、「無添加」を表示していても、
添加物を含む場合があるのです。これは「キャリーオーバー」と呼ばれる原料の原
料から「持ち越し」されてくる添加物です。

例えば、しょう油とかつおだしの「だししょう油」の場合、原材料の表示では「し
ょう油、かつおだし」のみで「無添加」となりますが、その使われた「しょう油」
に保存料が入っていても「キャリーオーバー」として表示の免除があるからなので
す。「量的に微量であるから影響はない」との見方もありますが、食物アレルギー
などの問題では重要なことです。

「あれも、これもダメ」と規制してしまうと、現状では食べる物も少なくなります。
また、生産者側のメーカーも対応が難しいところだと思います。日本では、このト
ランス脂肪酸について、厚生労働省は以下のようにコメントしています。

「バランスよく食事をするかどうかの問題。
今のところ、商品にトランス脂肪酸の成分表示をしたり、外食産業に使用規制をし
たりすることはない。ニューヨーク市の行動力は素晴らしいが、すぐに日本に当て
はまるとは考えていない。」

国が規制してくれないということは、野放し状態であるのと同じことです。
個々人が気をつけて、賢い消費者になることが大切ですね。

☆☆ アレルギーの場合の化粧品使用について ☆☆

乾燥して、赤み・かゆみが出てきたら、化粧品などを使うのを一切やめて、病院に
行きましょう。化粧品は、どんなに低刺激性のもの、天然素材のものでも、防腐剤
やアルコール類がはいっています。使うと症状を悪化させます。

敏感肌のケアでよく誤解をまねくのですが、
※敏感肌とは、かぶれやすい肌のことをさします。

すでにかぶれた(赤くなっている、かゆみがある)肌のことではありません。
その状態になってから「敏感肌用コスメ」を使ってしまうと悪化させることになり
ます。病院で診察を受け、出された塗り薬などを使いましょう。

〓そうなる前に、対策を〓

▼敏感肌敏になったお肌対策は、コチラ↓
http://biken-k.com/products/detail.php?product_id=31653168

▼乾燥肌・肌荒れ対策は、コチラ↓
http://biken-k.com/products/detail.php?product_id=31653084

▼お肌の乾燥・過敏な肌の必需品 スクワランオイルは、コチラ↓
http://biken-k.com/products/detail.php?product_id=31519974

※スクワランオイルには、こんな効果があります。
○油分の補給
○皮膚の乾燥防止
○肌荒れ、手荒れ
○ヒジ・ヒザ・カカトのかさつき
○毛髪の保護、艶出し
○ヒゲそり後
○オムツかぶれ
○寝たきりによる床ずれなど

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

2. おたよりコーナー

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

このコーナーでは、皆さまからいただいたおたよりをご紹介しています。

(埼玉県 Kさん)

紫根水、続けて1年になりますが、ほんとうにシミが薄くなりますね!紫根の化粧
品を探していてお電話したとき、じつは予算もあまりなくて、「いまあるものがな
くなったら、ひとつずつ追加してゆけばいいと思いますよ」と言っていただいたの
が、本当に安心でした。

しばらく、紫根水だけ注文して使っていましたが、化粧水だけでも効果があるし、
何個がまとめ買いしていたクリームもなくなってきたので、美健さんの「ハーブモ
イストクリーム No.2」を注文させていただきます。いよいよ使える!と思うと嬉
しくてわくわくします。乳液も使った方がいいのかな。またお電話で相談させてい
ただきますね。これからも、よろしくお願いいたします。

▼ムラサキ根エキス(シコンエキス)化粧品はコチラ↓
http://biken-k.com/products/list.php?category_id=69

◆━◆ お知らせ ◆━◆

★ブログ、mixiに加えて、ツイッターも開始。つぶやきが好評です。
よろしかったら、フォローお願いします。

ブログ 「きのした専務のつぶやき」 http://biken-k.net/
mixi ニックネーム「きのした専務」で検索をお願いいたします。
コミュニティ「美健漢方研究所」も開設。
ツイッター info_biken

★化粧品原材料・美容用語など、分かりやすく解説したブログが好評です。
美健漢方のホームページと合わせてご覧ください。

「化粧品 知っトク情報・資料館 ~知っておきたい化粧品の情報~」↓
http://cosmetics-suhadabizin.com/

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

●~○お友達紹介キャンペーン好評実施中●~○

お友達を紹介して、艶麗ミニボトル&お得なポイントをGET!!
詳しくはコチラをご覧ください♪
↓↓
http://biken-k.com/user_data/campaign.php

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

最後まで読んでくださって、ありがとうございます^^
来月も、どうぞおたのしみに。。。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

~漢方自然派化粧品の通販なら~

美健漢方研究所

ご相談・お問い合わせはお気軽に
(℡)0120-122-457
http://biken-k.com
info@biken-k.com

配信停止を希望される方は、お手数ですが上記アドレスまで
タイトルに「配信停止」と明記してご連絡ください。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━