新着情報Information

  • トップページがリニューアルされました

    ☆商品検索は、商品一覧・人気商品BEST20・お肌の悩みアイテムから。
    ☆コンテンツ情報が一目で分かるようになりました。
    ☆「今月のお得アイテム」もお見逃しなく。

▼ 2017年9月の定休日▼
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
◆即日発送:月曜日~土曜日の10時まで承ります。
◆日曜日・祝祭日のショップからの「ご注文受付」メールは、平日よりお時間がかかります
◆電話注文・お問合せ: 0120-122-457(通話料無料)
受付時間:9:00~20:00
日曜日・祝祭日休業

美健からのススメ『美肌習慣』 その2 運動編-2

美健からのススメ

『美肌習慣』

運動編 ストレッチ

カラダのさびつきをなくせ!

ストレッチを取り入れる

ヨガやウォーキングさえも時間がなくてできない、という人にはどこでもできる「ストレッチ」がおススメです。
朝起きてすぐ、休憩時間、仕事の合間、夜寝る前、など数分あればできますので思い出した時にこまめに行うようにすると、いい運動になるばかりか、身体を動かす習慣付けにもなり一石二鳥です。

運動を行う前、ツボを押す前などにストレッチを行うのはケガをしにくくするため、また効果を高めるためです。
ちょっとした疲れなどはストレッチで解消することも可能ですので生活の中にストレッチを上手に取り入れてみてください。
身体のバランスがよくなり、運動にも興味がわいてくるはずです。


ヨガ

伸び

朝起きてすぐ、ふとんから出る前にまずはグーンと身体全体を伸ばしましょう。それに合わせるように呼吸をゆっくりはいて、ゆっくり吸って「深呼吸」を行いましょう。
何気なくする深呼吸ですが、実は深呼吸にはたくさんの効能が認められています。ストレッチの一つとして活用してはいかがでしょうか。

深呼吸の効能

○収縮していた血管が開放され、血行やリンパの流れがよくなります。
○肺に酸素が取り込まれ、血液をきれいにします。
○代謝機能がよくなり、体内の老廃物を除去します。
○酸素が脳に送り込まれて脳が活性化します。
○副交感神経が優位になって緊張が和らぎ、ストレスが軽減されます。

デスク周りでストレッチ

デスク作業の多いOLさんなどは、ちょっとした時間や休憩時間を利用して座ったままできるストレッチや簡単にできるストレッチを行いましょう。

○イスに腰掛けたまま、頭の上で両手を組み、その組み手の甲を上にしてぐーっと伸びをしましょう。そのまま肩をぐるぐるまわすとこりがほぐれてすっきりします。

○机に手を乗せて、机を押さえるように力を入れて押しましょう。
この「押す」という作業、二の腕ダイエットにもなります。

○イスに座ったままの状態で足を宙に浮かせて数十秒キープしましょう。
腹筋と太ももの筋肉を使います。ウエストが気になる方に。

○イスに座ったまま、右手を左足の外側へ持っていき身体をひねったらそのポーズを5~10秒程度キープします。終わったら反対側も同じように伸ばします。1日数回、毎日行えばウエストに効果が表れるはず。

○足を揃えて座ったらつま先を上下します。むくみ予防に。

ストレッチも運動の一つ

運動=美肌効果!?

身体を動かしている時点でストレッチも立派な運動です。
ストレッチにも「代謝を高める」というメリットがあります。
筋肉の量が多いと「基礎代謝」が上がります。
基礎代謝とは生命の維持に欠かせない必要最低限の「エネルギー代謝」のことですが、筋肉が多いと、心臓の拍動、呼吸、体温維持、腎臓の活動維持、筋肉維持の力などがパワーアップします。

また、運動によって血液の流れがよくなるため、新陳代謝が高まり、お肌のターンオーバーが正常に行われるようになるため、美肌効果が期待できます。

「ストレッチ」といえるかいえないかのちょっとした運動、家の中をつま先立ちで歩いたり、テレビを見る間に足や手を動かすなど、ちょっとしたことでも運動のうちに入ります。
やらないよりはやった方がよいので日常の中で意識して行うようにすることがポイントです。