新着情報Information

  • ≪お知らせ≫

    「草根木花 ハーブモイスチュアクリームNo.1」の容器が硝子瓶から樹脂に変りました。内容成分や容量などに変りはございません。

  • トップページがリニューアルされました

    ☆商品検索は、商品一覧・人気商品BEST20・お肌の悩みアイテムから。
    ☆コンテンツ情報が一目で分かるようになりました。
    ☆「今月のお得アイテム」もお見逃しなく。

▼ 2018年4月の定休日▼
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
◆即日発送:月曜日~土曜日の10時まで承ります。
◆日曜日・祝祭日のショップからの「ご注文受付」メールは、平日よりお時間がかかります
◆電話注文・お問合せ: 0120-122-457(通話料無料)
受付時間:9:00~20:00
日曜日・祝祭日休業

混合肌の予防

うるおい肌の女性

混合肌というのは脂性肌と乾燥肌が混在しながら、その差が広がることによって、異なる肌質が気になる肌タイプといえます。ですので、それを予防、もしくはノーマルな肌にしたければ、その差を縮めることが先決です。

まずは保湿

乾燥を整えるのは「保湿」ですので、乾燥部分をしっかりと保湿するのがポイントです。では脂っぽい部分はどうすればよいのでしょうか。もともと肌は皮膚が持っているバリア機能、皮脂や汗などが一緒になってできる皮脂膜のおかげで、肌を外敵から守ってくれています。

ただ、このバリア機能の働きのおかげで、例えば過度な洗顔により皮膚が「乾燥」したと勘違いすると、皮脂分泌を活発にし、皮脂が過剰になってしまうことがあります。このため脂っぽくなることがあります。これも、ある意味乾燥が原因といえますので、脂っぽくしないためには保湿成分を補い、肌を乾燥させないことが重要です。

乾燥させない

保湿化粧品を使用することはもちろんですが、<洗顔しすぎない><紫外線の防止>などが重要です。

脂っぽい肌の場合、収れん化粧品などで、ギュッと引き締めて、乳液などはつけない方がいいかと思われている人が多いのですが、引き締めただけで、うるおしてあげなければ乾燥が進みます。引き締めて、清潔にした上で、必ず美容液や乳液、クリームなどで「保湿成分」を補うようにしてください。

また、脂っぽい部分の皮脂を根本から抑えるためには、生活習慣や食生活を見直すことが大前提です。
例えば

  • 寝不足を解消する
  • アルコール・喫煙を控える
  • 間違ったスキンケアを正す
  • 偏った食生活を見直す
などがあげられます。

寝不足によってホルモンバランスが乱れると肌のバリア機能が正常に働かなくなります。肌の免疫力が低下するとニキビや肌荒れの原因にもなります。化粧品だけで外からのアプローチをするには限界があります。

でも例えば美肌にいいとされるビタミンA・ビタミンC・ビタミンEは、それを多く含む野菜などを食べることで(内側からも摂ることによって)美肌力はアップします。

余分な皮脂が酸化して肌を傷つけるのとは逆で、酸化に対抗する抗酸化力をもった野菜を多く摂ることで、酸化しにくい、老化しにくい肌を保ってくれます。生活習慣を見直して、肌を整えれば脂性肌に傾きにくい肌になるでしょう。