新着情報Information

  • ≪美健漢方公式販売サイト リニューアルのお知らせ≫

    目的の商品が見つけ易くなりました。「カテゴリーから探す」または「お悩みから探す」からお入りください。
     

  • ≪容器変更のお知らせ≫

    「草根木花 ハーブモイスチュアクリーム(紫根・紫蘇)」の容器が硝子瓶から樹脂に変りました。内容成分や容量などに変りはございません。画像の差し換えは随時いたします。よろしくお願いします。

▼ 2018年6月の定休日▼
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
◆即日発送:月曜日~土曜日の10時まで承ります。
◆日曜日・祝祭日のショップからの「ご注文受付」メールは、平日よりお時間がかかります
◆電話注文・お問合せ: 0120-122-457(通話料無料)
受付時間:9:00~20:00
日曜日・祝祭日休業

乾燥肌にもできる「大人ニキビ」

大人ニキビで悩む女性

10代の頃にできるニキビの原因はほとんどが皮脂によるものですが、20代以降にできるいわゆる「大人ニキビ」は脂性肌の人だけでなく、乾燥肌の人にもできるのが特徴です。

とくに、額など皮脂の多い部分よりも、あごなどの乾燥する部分に多くできやすいのが大人ニキビです。

大人ニキビの原因は

  • ○ストレス
  • ○食生活の乱れ
  • ○睡眠不足
  • ○運動不足
  • ○生活の乱れ

などですが、これらが引き金となってホルモンバランスが乱れたり、免疫力の低下によってできます。免疫力が低下するとニキビの原因菌であるアクネ菌が活発に繁殖するため、ニキビができやすくなるのです。

大人ニキビができてしまったら

乾燥肌でニキビができてしまっても「保湿」が大事なことには変わりありません。

化粧水を塗った後で美容液や油分少なめの乳液などを塗り「保湿」をしっかり行いましょう。油分はアクネ菌の栄養となるので、ニキビの時は、余分な皮脂を取り除き、油分控え目のさっぱりとした化粧品を選びましょう。

ピーリングケアはしていいの?

ニキビの際に「ピーリングケア」をするのは刺激が強すぎるのでよくない、と思われがちですがこれは誤解です。生理前はニキビができやすく、ホルモンの乱れによって角質肥厚(かくしつひこう)がおこりやすくなります。ピーリングをすることで、この角質肥厚を防いでくれます。

また、過剰に分泌された皮脂を除去することで、毛穴が詰まりにくくなり、皮膚のターンオーバーを正常に戻してくれます。実はピーリングこそニキビのできそうな時、できてしまった時におすすめのスキンケアといえるのです。

ただし、ピーリングの中でも拭き取るタイプは肌への刺激が強いので、塗ったらそのままにできるもの、洗い流せるタイプなど肌への負担が少ないものを選びましょう。

大人ニキビと思春期のニキビとの違い

思春期のニキビは、ホルモンの分泌がさかんになる思春期の頃にできはじめて20歳後半にはなくなるニキビのことです。それ以降、30歳以上になってもできるニキビが「大人ニキビ」といいます。

どちらも皮脂が毛孔につまることでできますが、できる部位が異なります。思春期のニキビが顔全体、部分でいえば額、鼻、頬にできるのに対して、大人ニキビは口や鼻の周囲、アゴや首などにできるのが特徴です。

また、思春期ニキビの原因が、過剰な皮脂の分泌なのに対して、大人ニキビは上記に書かれているような生活習慣や環境、ストレスなどが主な原因です。

できてしまった時の手入れの方法としては、どちらも丁寧に洗顔して皮脂を取り除くことが大事ですが、大人ニキビの場合は「保湿」をしっかり行いましょう。

またそれ以外にも紫外線を防止して、物理的な刺激(エアコンの冷風、身につけるもの、髪の毛、過度なマッサージなど)にも気を付けるようにしましょう。そして不規則な生活を見直し、食生活にも気を配るなどスキンケア以外での配慮も重視しましょう。