新着情報Information

  • トップページがリニューアルされました

    ☆商品検索は、商品一覧・人気商品BEST20・お肌の悩みアイテムから。
    ☆コンテンツ情報が一目で分かるようになりました。
    ☆「今月のお得アイテム」もお見逃しなく。

▼ 2017年11月の定休日▼
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
◆即日発送:月曜日~土曜日の10時まで承ります。
◆日曜日・祝祭日のショップからの「ご注文受付」メールは、平日よりお時間がかかります
◆電話注文・お問合せ: 0120-122-457(通話料無料)
受付時間:9:00~20:00
日曜日・祝祭日休業

普通肌とは

普通肌の女性

普通肌=健康な肌

乾燥肌でもなく、脂性肌でもない、その中間に位置する肌のことを「普通肌」とよんでいます。基本的に健康な状態の肌タイプであり、「健全な肌」といえます。

保湿能力があるため、皮膚のキメは細かく、弾力性があり、しっとりしたみずみずしい肌にみえます。 毛穴も小さく目立ちません。 皮脂の分泌量は少なめで、脂っぽくないのが特徴です。

冬は多少かさつきますが、乾燥したり、脂っぽくならないのが普通肌です。 ただ、日本には四季があるため、気候によって温度や湿度に差がでます。 そのため健康的な普通肌でいられる人は案外少ないといわれていいます。

また、四季の影響だけでなく、生活習慣・生活環境・ストレスなどさまざまな要因が絡み合い肌に影響を及ぼすので、いつも一定の肌、普通肌を保つのは難しくなっています。

普通肌だからといってお手入れを怠るとすぐに乾燥肌や敏感肌、脂性肌にかたむきますので、季節や環境に合わせてその都度「保湿対策を変える」ことも必要です。

洗顔などは「しっとりタイプ」を選んだほうが、うるおいを保ちやすいでしょう。

普通肌の人が気をつけたいポイント

空気が乾燥する秋から冬、そして春先にかけては気温が低くなり、外気がとても乾いているため、何もしないでいると角層=角質層の水分はどんどん奪われてしまいます。

そのため、特に厳しい寒さの冬の時期の外出は、ベースメイクやUVクリームなどで必ず乾燥や紫外線からお肌を守ってあげましょう。

室内でも加湿器をつけるなど、保湿には注意して、ふだん乳液やクリームをつけない人でもこの時期は保湿成分の高いスキンケアをプラスしてあげましょう。

特にお風呂から上がった後で、肌がつっぱって化粧水だけでは足りないと感じたら必ず乳液や美容液、クリームなどを使用するようにしましょう。

冬は血管を収縮させて熱の放出を防ぐため血行も滞りがちです。そんな時は軽いマッサージなどを行って血行をよくしてあげましょう。

冬は普通肌の人でも以下の「乾燥肌対策」を行うと、よいでしょう。