新着情報Information

  • 「クレジットカード決済」「パスワード再発行」 簡略化のお知らせ

    ショピングカートが使いやすく、セキリティーも強化されました

    ≪簡略化 その1≫
    ※ショピングカート内で「クレジットカード決済」が完結するようになりました。

    ※初回のみクレジットカード決済情報をご入力ください。
     次回から「クレジットカード決済」を選択するだけでOKです。
      
    ※ご利用になるカードの変更や有効期限の更新など、お客様のマイページにログインして何時でもお手続きできます。


    ≪簡略化 その2≫
    ※「パスワード再発行」 直ぐに仮パスワードを発行できるようになりました。
      ログイン → 「こちら」 → 次へ の3クリックでOK。

  • ≪美健漢方公式販売サイト リニューアルのお知らせ≫

    目的の商品が見つけ易くなりました。「カテゴリーから探す」または「お悩みから探す」からお入りください。
     

  • ≪容器変更のお知らせ≫

    「草根木花 ハーブモイスチュアクリーム(紫根・紫蘇)」の容器が硝子瓶から樹脂に変りました。内容成分や容量などに変りはございません。画像の差し換えは随時いたします。よろしくお願いします。

▼ 2018年9月の定休日▼
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
◆即日発送:月曜日~土曜日の10時まで承ります。
◆日曜日・祝祭日のショップからの「ご注文受付」メールは、平日よりお時間がかかります
◆電話注文・お問合せ: 0120-122-457(通話料無料)
受付時間:9:00~20:00
日曜日・祝祭日休業

美健的『スキンケアバイブル』 その2 洗顔

素肌美を守り・引き出す、そして美肌へ

化粧品を有効に使いこなすための

美健的「スキンケアバイブル」

洗顔

しっかり泡立てて手早く行う

洗顔料の種類には固形、クリーム(フォーム)、パウダーなどさまざまなタイプがあります。

クリームや液状タイプの洗顔料は洗浄力としては弱めのことが多いようですが、使ってみて肌になんらかの影響がないようであれば、洗い上がりや好みで選んでかまわないでしょう。

ちなみに、最近は「弱酸性」と書いてあるものがお肌にいいかのように宣伝されていますが、水道は中性なのでその水で洗う限り、弱酸性で洗っても効果はあまりありません。
それよりも、洗顔後にすぐに化粧水で保湿してあげることに気を配った方がお肌のためにはよいでしょう。

泡立てたら、最初に洗うのはクレンジングと同様、油分の多いTゾーンから。
乾燥しやすい部分は後回しにして、泡をのせたらくるくると泡を肌の上で転がすように、こすらないようにしてやさしく洗います。
この程度じゃ汚れがしっかり落ちないのでは?との心配はいりません。
泡が汚れを吸着してくれるので、キメの細かい、しっかりとした「いい泡」を立てることができれば問題ありません。
よくないのは泡立ってない洗顔料でゴシゴシすること。
無理にこするとお肌を傷めてしまうので、くれぐれもゴシゴシしないように洗顔を行いましょう。

また、洗い流すのはできるだけぬるま湯で行いましょう。
35℃前後が理想的です。
そして洗い残しがないようにすすぎはしっかりと、かつ、すばやく行いましょう。泡をのせたままマッサージをしたり、パックがわりに顔の上に泡を放置するのはやめましょう。
用途が違うのはもちろん、刺激が強過ぎてお肌の負担になってしまいます。

洗顔の鉄則とは

※こすってしまうと「肌あれ」や「色素沈着」のもとです。
 量は適正量を使い、しっかりと泡立てましょう。
※洗顔に時間をかけない。手早くすすぎましょう。
※メイクした日や日焼け止めを使った日はクレンジングと
 ダブル洗顔を行いましょう。

洗顔の注意点

洗顔後に注意してほしい点が1つ。
せっかく洗顔でやさしく洗っても、拭くためのタオルがゴワゴワしていたら苦労はまさに水の泡。
洗顔してやさしく守った肌を、最後に傷つけることになってしまいます。
清潔でやわらかい、綿素材などのやさしいタオルでそっと押しあてるようにして拭きましょう。

洗顔料はいつも一緒でいいの?

朝のお肌と夜のお肌が違うように、1年の間、春夏秋冬の四季の違いによってお肌の状態は異なります。
季節にあった洗顔料を選び、ケアをしてあげましょう。

寒い冬から春への変わり目。
気候が定まらないこの時期はお肌も不安定な影響をうけやすくなっています。ターンオーバーがきちんとできずに不要なものがお肌に残りがち。
汚れはしっかり落とし、保湿もしっかりしてあげましょう。

気温が上昇し、皮脂分泌が活発になり、汗などでベタベタしがちなこの時期。爽快感のある洗顔などを試してもいいでしょう。
いくら洗顔料を変えても過剰に皮脂が出る場合は、化粧水を変えてもよいかもしれません。

夏のダメージが肌に残っている時期。
肌が弱っていることもあるのでやさしい洗顔料で対応しましょう。
夏にうばわれたうるおいを保湿する際にしっかりと補給しましょう。

お肌が乾燥する時期です。洗顔後の保湿が重要です。
乾燥しすぎてうまく保湿できていないと肌がくすんだり、かたく感じます。そんな時は「酵素洗顔」をプラスしてあげましょう。