新着情報Information

  • 「クレジットカード決済」「パスワード再発行」 簡略化のお知らせ

    ショピングカートが使いやすく、セキリティーも強化されました

    ≪簡略化 その1≫
    ※ショピングカート内で「クレジットカード決済」が完結するようになりました。

    ※初回のみクレジットカード決済情報をご入力ください。
     次回から「クレジットカード決済」を選択するだけでOKです。
      
    ※ご利用になるカードの変更や有効期限の更新など、お客様のマイページにログインして何時でもお手続きできます。


    ≪簡略化 その2≫
    ※「パスワード再発行」 直ぐに仮パスワードを発行できるようになりました。
      ログイン → 「こちら」 → 次へ の3クリックでOK。

  • ≪美健漢方公式販売サイト リニューアルのお知らせ≫

    目的の商品が見つけ易くなりました。「カテゴリーから探す」または「お悩みから探す」からお入りください。
     

  • ≪容器変更のお知らせ≫

    「草根木花 ハーブモイスチュアクリーム(紫根・紫蘇)」の容器が硝子瓶から樹脂に変りました。内容成分や容量などに変りはございません。画像の差し換えは随時いたします。よろしくお願いします。

▼ 2018年10月の定休日▼
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
◆即日発送:月曜日~土曜日の10時まで承ります。
◆日曜日・祝祭日のショップからの「ご注文受付」メールは、平日よりお時間がかかります
◆電話注文・お問合せ: 0120-122-457(通話料無料)
受付時間:9:00~20:00
日曜日・祝祭日休業

美健的『スキンケアバイブル』 その4 美容液

素肌美を守り・引き出す、そして美肌へ

化粧品を有効に使いこなすための

美健的「スキンケアバイブル」

美容液

美容液のふだん使いで
美肌力をアップ!

化粧水が「うるおいを補給」するのに対し、美容液は「豊富な保湿成分」を含むため、お肌の保湿力をより高めるものといえます。
ちなみに乳液やクリームは「水分が蒸発するのを防ぐ」ので、使用する順番としては、美容液をお持ちの人なら、「化粧水」「美容液」「乳液」「クリーム」の順番がベストです。

美容液は化粧水と乳液とを合わせたような保湿と保水、そしてふっくらと柔らかいお肌に導くという力を備えていますが、製品によっては美白やリフトアップ、アンチエイジングなどに特化した成分を含んでいます。
美容液が化粧水よりも料金設定が高めなのも、さまざまな肌悩みに有効な成分を含んでいるからなのです。
ちなみに若い人は使わないもの、というイメージがある美容液ですがそんなことはありません。
20代半ばからお肌の水分量は低下します。
この頃から美容液使いをはじめることが先手必勝! 
美肌になるための秘訣なのです。

美容液をつける女性のイラスト

美容液って!?

ところで保湿成分をそんなに含んでいるなら、化粧水を使わずに「美容液だけでもいいんじゃないの?」と考える人もいらっしゃると思うのですが効果を最大限に引き出すためには、まずは化粧水でお肌を整えた後で美容液を使うのが有効です。
なぜなら美容液の力を発揮できるように化粧水を使うのを前提として美容液がつくられているからです。

また、みずみずしさを持続し美肌を保つためには乳液の力も必要です。
乳液が比較的多く油分を含むのに対し、美容液は保湿成分は多めですが、油分は少なめなのでお肌から水分を蒸発させないように乳液で守ってあげる必要があります。

美容液アレコレ


Q.美容液ってどんなもののこと?

A.美容液の定義は特にありません。
ただ呼んで字の如く、美容によいもの、美肌成分を含むものをさしています。


Q.美容液にもタイプはあるの?

A.通常は夜塗るイメージの強い美容液ですが、さらっとしたタイプなら朝に塗っても大丈夫!
コクのあるタイプ、化粧水のように水っぽいタイプ、クリーム状、ジェル状など粘度や色、形状などもさまざまです。
比較的粘着度の高いタイプは刺激が強いことがあるので肌の弱い方はさっぱりタイプから試してみましょう。
なんと化粧下地としても使うことができるので1本あると意外と便利です。


Q.どんなタイプを選べばいいの?

A.本来なら、配合されている「成分」で選ぶのがいいでしょう。
美白成分重視なのか、保湿成分なのか、何を求めているかによって異なります。
例えばシワによさそうなものがいい!ということであればコラーゲン・アルジルリンを含んでいるもの、肌質をもっちり肌にしたいならヒアルロン酸やプラセンタを含むもの、というように目的が異なりますので、購入する前に何の目的で、どの機能を重視しているのか決めておくと選びやすいかもしれません。