1. トップページ
  2. ココが違う美健漢方研究所のヘアケア

ココが違う美健漢方研究所のヘアケア

叶えてください「実年齢より若く見える美髪への憧れ」

髪年齢が気になる方へ!
正しいヘアケアを知ることからはじめて見ませんか。
「毎日シャンプーはしているけど、乾かした後すぐにパサパサになる。」
「若い頃と髪の質感が変わって硬そうに見える」
といったことはありませんか。
髪は年齢印象に直結します。今すぐ美しい髪に変えていきましょう!

長文になりますがぜひ最後までお読みください。
きっとお役に立てます。

美容ライター 前田 泉

<美髪への道>第一歩は毛周期を知ることから

白髪はもちろん、フケ、抜け毛、パサつきなど、髪のダメージは目に見えてわかりやすいもの。 年齢だからとあきらめる必要はありません。毎日使うヘアケア化粧品で、健やかな髪はキープで きます。ですが、髪を健やかで美しい状態に戻すためには、美肌ケアよりも時間がかかります。 その理由を理解すると、ヘアケアの重要性がよくわかります。

<美髪への道>
髪の毛周期を理解する!
髪は生え始めてから抜け落ちるまでを繰り返す「毛周期」というサイクルがあります。

毛周期とは・・・
 ● 髪が成長し伸びて行く「成長期」・・・髪全体の約80%
 ● 成長が止まる「退行期」・・・髪全体の約10%
 ● 成長が終わった髪が抜ける「休止期」・・・髪全体の約10%

「成長期」が髪全体の約80%ということからわかるように、毛周期は毛穴ごとに違うため、髪全 体で一斉に抜けるわけではありません。
この毛周期が正常なリズムのときは良いのですが、乱れてしまうと【抜け毛や白髪の増加につな がってしまう】ので、常に髪の環境を良い状態にしておく必要があります。


この中の「ホルモンバランスを整える」、これは体が健康であるかにつながります。 睡眠不足だったり疲労やストレスがたまっていたり、タバコを吸っていたり、食生活が乱れていたりといった生活スタイルが大きく影響してきます。
生活習慣の乱れがある時には、髪だけでなく、肌や体内の調子が悪いなどの予兆があるかもしれません。髪や肌の美は、「健康」があって初めて手にいれられるものなのです。

ヘアケア化粧品で美髪をキープするポイントは大きく2つ!

Point1 汚れをしっかり落とすこと

髪の悩みは頭皮トラブルが原因になっていることがとても多いことがわかっています。頭皮や髪に、皮脂、汚れ、汗、整髪料などが残っていることで頭皮にダメージをあたえ、白髪を加速しやすい環境になります。

そこで日々の不要な汚れをしっかりと落としきって次の日を迎えることが大切です。髪に摩擦をおこさない上質な泡で洗えるやさしいアミノ酸系洗浄成分のシャンプーであれば、頭皮や髪への負担を抑えることができます。

Point2 頭皮に栄養と潤いを与える

洗浄力だけに目を向けて“皮脂を奪いすぎる”ことはNG。
頭皮もお肌と同じで乾燥しやすく、乾燥すればトラブルの元になります。
乾燥が続くとフケやかゆみ、頭皮のバリア機能の低下と続き、髪に栄養が行き届かなくなります。

汚れだけでなく髪の潤いまで洗髪時に奪い去っては意味がありませんので、髪の お手入れの時には髪や頭皮を清潔にすると同時に、栄養と潤いを与えることが ポイントです。


ダメージ・白髪のための正しいシャンプー

Step1
洗う前に頭皮のマッサージも兼ねることができるブラシでブラッシング。 髪や頭皮の汚れを洗髪前に浮き上がらせます。

Step2
ぬるま湯で予洗いをしっかりします。
シャンプー前のお湯だけの予洗いがしっかりしていれば、シャンプーの泡立ちもぐんとよくなり、汚れの落ち方も変わってきます。

Step3
泡だては手でしっかりと。
シャンプーを直接頭にたらしてから泡だてるのではなく、手でしっかり泡だててか ら、泡で髪と地肌を洗いましょう。摩擦を予防し、髪のダメージを軽減します。

Step4
指の腹でマッサージするように洗う
手で作った泡を優しく指の腹で頭皮や髪になじませながら洗います。 爪を立ててゴシゴシ洗うことは頭皮や髪を傷つけます。

Step5
洗い流しはしっかりと
顔の周りや耳の後ろなど、シャンプーの洗い流しがないように丁寧にすすぎます。


”黒髪の精 ヘマチン”を髪に使いたい理由

ヘマチンを贅沢に配合したヘアケア化粧品シリーズ
草根木花 ハーブ モイストシャンプー No2(ヘマチン配合 シルバーヘア用)
草根木花  ハーブ ヘアエッセン No2(シルバーヘア用 養毛料)

髪の悩みの中で上位を占めるのが「白髪」。

黒髪から白髪への変化は、ある日突然やってきます。たとえば、黒→茶色にな り、赤→金髪のように徐々に色が薄くなるというわけではなく、ある日突然黒 から白に変わるのです。
一度白髪がスタートした毛は、何もしなければ再び黒に戻ることはほとんどあ りません。それはいったいなぜなのでしょうか?

白髪のメカニズム 黒髪の色素は細胞分裂のときに消滅する

ある日突然白い髪が伸びてくる・・・。これは、ある時点でメラニン生成が中止されてしまうことを意味します。抜け落ちて生え変わるときに白髪になるというのではなく黒い髪だったのが、あるところから急に白くなったりします。

これは、毛根底部の毛母細胞にあるメラニン色素が、細胞分裂の時点で消滅してしまうからだと考えられています。

色素は失われても髪は成長を続けるので、頭皮にあらわれる毛髪は白髪になっています。逆にいえば、細胞分裂のときに色素を失わない方法がわかれば、または色素を復元できたら、白髪の悩みは解消できることになります。

メラニンを失わない環境には「色素復元成分 ヘマチン」!!
~”黒髪の精”とも呼ばれる「ヘマチン」とは?~

「ヘマチン」という成分を聞いたことがありますか? ヘマチンは新鮮な血液が原料です。血液中に含まれるヘモグロビンに結合しているタンパクグロビンを分離してつくられる色素です。

血液と聞くと驚いてしまうかもしれませんが、元々は人間の体内にも存在する成分で、年齢を重ねて白く変化してきた髪をサポートする、【髪のエイジングケア】成分なのです。

ヘマチンはここがスゴイ!

1.メラニン色素を復元する!
毛根底部の毛母細胞にあるメラニン色素が、細胞分裂の時点で消滅してしまうと頭皮にあらわれる毛髪は白髪になってい ます。ヘマチンには、この白髪の原因であるメラニン色素を復元する特異な働きがあります。
2.ダメージを受けた髪を元気にする!
ヘマチンはグロビンと結合してヘモグロビンを形成しています。毛髪の成分ケラチンが、血液のグロビンと似ているため、ヘ マチンを毛髪につけるとケラチンと結合し傷んだ毛髪を修復します。
3.髪の中の老化現象を促進する“活性酸素”を除去!
“活性酸素”は体の中のウイルスを退治する役割もありますが、多すぎると元気な細 胞も攻撃して、老化を加速させてしまいます。活性酸素は髪の中でも老化を促進させ てしまう働きをしますが、ヘマチンは酸素を吸収する力にすぐれ、老化を促進する活 性酸素を除去する効果があります。
4.髪をデトックス!
パーマをかけた後に毛髪に残こる「アルカリを除去」したり、多くの人が利用するヘ アカラーで過酸化水素水などの残留でおこる毛髪の負担を軽減する効果もあります。
5.紫外線のダメージに負けない髪に!
ヘマチンには紫外線吸収効果もあり、洗髪などで失われることはありません。ヘマチンは養毛・育毛 剤として開発された成分で、シャンプー・育毛剤などの頭髪用化粧品に配合されます。

ほかにも、「ウェーブ状態の向上」「ハリ・コシ・艶の付与」「育毛促進」「脱毛予防」「毛髪・頭皮の保湿、保護、脱臭」 など、多くの効果を発揮します。

※ご注意
ヘマチンはヘアカラーや白髪染めのように、黒色を髪に入れていくものではありません。 また、メラニン色素を復元する働きがありますが、黒髪の復元を保証できる性質のものではありません。

知って得するヘアケア雑学

◆リンス(コンディショナー)とトリートメントの違いは?
現在は「コンディショナー」という名前も一般的になりましたが、昔から「リンス」と呼ばれ、髪の表面のすべりを良くし、なめらか な手触りにさせるアイテムとしてシャンプーとセットにして使われるのが一般的になってきました。 そして「コンディショナー」とは別に「トリートメント」というアイテムがありますが、「トリートメント」は髪の内部に 浸透し、髪のダメージを回復させたり、状態を整える働きがあります。
髪のダメージを最優先でケアしたい場合は「トリートメント」、まとまりやすさなど手触りや質感を整えたい場合には「コン ディショナー」を取り入れることをオススメしますが、最近ではトリートメントにも髪の質感を整える機能も同時に備わって いるので、シャンプーとセットにして日々のお手入れに使う人が増えています。
♪美健漢方研究所のシャンプーはリンスイン!なので、すでにシャンプーだけで髪表面のまとまりが良くなりますが、トリー トメントをセットにして使うことで、ダメージ知らずの髪をキープすることができます♪
◆リンス・コンディショナー、トリートメントをより効果的に使うテクニック
メーカーの商品によって多少の違いはありますが、リンス・コンディショナーとトリートメントを併用することで、よ り髪を魅力的な質感にすることができます。
ポイントは塗布の方法 !
●リンスやトリートメントは頭皮には塗り込まず、根元から髪先へ丁寧になじませること。
●塗布した後、5~10分はそのままにして浸透させる時間をとること。
塗ってすぐに洗い流しても、それなりに表面は滑らかになりますが、ダメージまでケアするためには、しっかり浸透させる時間をとることが大切です。 忙しい方やお風呂でじっとしていることが苦手な人などはあまり時間をかけたことがない人は特に一度お試しください。
5分の浸透時間で、同じトリートメントでもこんなに効果が変わってくるのかと驚くはずですよ!

シリコン、ノンシリコンの噂の真相
~ シリコンは悪影響を及ぼさない! ~

一時期「シリコンは頭皮の毛穴を塞ぎ、ニオイや抜け毛につながるといった噂が広まり、「ノンシリコンシャンプー」と謳ったヘアケア商品を選ばないといけないような風潮になった時期がありました。

しかしこれは、大きな間違い!シャンプーに使われるシリコンは毛穴にとどまることはなく、すすぎで洗い流されていきます。 そのため、毛穴に詰まってニオイや抜け毛になるという理由ではなく、シリコンだけでなくシャンプーやトリートメントをしっかりすすいで洗い流していないことが原因なのです。

元々シリコンは調理用品や医療用品などにも使われるなど、体に触れることが多い素材です。シリコンはシャンプー時の髪同士の摩擦を防いだり、なめらかな手触りにしたりと良い面がたくさんあります。

逆に「ノンシリコンシャンプー」を選んでも「シリコンが入っていないから髪がきしんでまとまりにくい」という話も聞きます。

これは使用感なのであながち間違っているとも言えませんが、ノンシリコンでも髪の手触りがよくなる商品もあり、商品次第と言えるでしょう。

美健漢方研究所のシャンプーで使われているシリコンは、安全性の高い「PEG-11 メチルエーテルジメチコン」というポリエーテル変性シリコーン界面活性剤で、感触改良剤・乳化剤・泡安定剤として使われています。最後まで洗いやすい泡を作ったり、髪をコーティングしてツヤを出します。洗い上がりや、良い質感を実現するバランスを考えた配合になっています。

▲トップへ戻る