1. トップページ
  2. カテゴリから探す
  3. 草根木花 ハーブ ミルキーローション No.1 (シソエキス乳液)

草根木花 ハーブ ミルキーローション No.1 (シソエキス乳液)

シソ
オタネニンジン
シャクヤク
カミツレ
お客様相談室
何なりとお気軽にお尋ねください
0120-122-457
9:00 ~20:00 定休日:日曜・祝日

健やか潤い美肌へ!ゆらぎ肌でお悩みなら保水力に優れた紫蘇乳液


サラッとしたライトなテクスチャーで肌表面の角質層にスムーズに浸透、肌に柔らかさと透明感を取り戻す乳液タイプの紫蘇化粧品です。

シソエキス*をはじめ厳選配合された13種類の植物エキス、サクシノイルアテロコラーゲンやプラセンタエキスといったハリ・ツヤ成分が、乾燥肌・敏感肌を深くうるおしてコンディションを整えます。

使うのが楽しくなるようなこの紫蘇乳液のフワッと軽い使用感は、肌に働きかけて元気にする成分以外の余分なものを入れていないことが理由。

角質層にたっぷりとうるおいを与えつつ、外界の刺激から肌をガードする、そんな植物エキスやハリ・ツヤ成分の力を活かすベストバランス配合により実現する軽さでもあります。

*シソエキス(成分表示名:シソ葉エキス)

内容量 100ml
定価:¥3,675(税込)


会員価格 :¥ 2,646 (税込)

加算ポイント:122pt

数量
お客様相談室
何なりとお気軽にお尋ねください
0120-122-457
9:00 ~20:00 定休日:日曜・祝日

商品詳細

草根木花 ハーブ ミルキーローション No.1 (シソエキス乳液)

  • 保湿
  • 保護
  • 収れん
  • キメ

乾燥肌 敏感肌 混合肌 普通肌 シェアドコスメ (男女兼用化粧品)
和漢自然派化粧品 無香料 無着色

主な配合成分
≪シソエキス*≫

角質層をうるおいで満たし、肌のバリア機能をサポートします

ヒマラヤ、中国などの地域が原産地といわれる紫蘇は、縄文時代の遺跡からもその種実が見つかっているように日本でもかなり古くから身近にあった植物です。

奈良時代の頃には既に民間薬の材料としても利用され、平安時代に著された日本最古の本草書(薬草事典)の中にも記載があるほどです。

そんな紫蘇の葉(青紫蘇や縮緬紫蘇またはその近縁植物の葉)から抽出されるシソエキスが、水分保持力の低下した角質層や外部からの刺激に対する抵抗力の落ちてしまった肌のバリア機能をサポートします。

トラブルを抱えた肌や刺激に対し過敏になってしまった肌を鎮め、やさしく引き締めることによりキメの整った刺激に強い肌へと導きます。

*シソエキス(成分表示名:シソ葉エキス)

≪オタネニンジン根エキス≫
巡りをサポートし、衰えた肌に活力をもたらします

高麗人参の別名でも知られるオタネニンジンはウコギ科の多年草。
その根から抽出されるオタネニンジン根エキスには、巡りをスムーズにして肌を活性化させる働きがあるといわれています。
年齢肌にアプローチするサポニン類も含んでおり、肌に活力をもたらします。

≪シャクヤク根エキス≫
肌の皮脂バランスを整えて、紫外線に負けない肌へと導きます

シャクヤクまたはその近縁植物の根などから抽出されるシャクヤク根エキスが、肌をうるおして落ち着かせるとともに、オイリーに傾く肌の皮脂バランスを整えます。
また、メラニンの生成過程にアプローチする成分も含むことから、日焼けによるシミ・そばかすにも働きかけ、クリアな肌へと導きます。

≪カミツレ花エキス≫
敏感肌を落ち着かせ、やさしく癒します

キク科の一年草であるカミツレ(カモミール)の花から抽出されるカミツレ花エキスには、肌を穏やかに引き締めつつ、うるおして落ち着かせる働きがあるといわれています。
過敏になっている肌、紫外線でダメージを受けた肌のお手入れにおすすめの植物エキスです。

≪プラセンタエキス≫
豊富な成分が多角的に働きかけ、若々しい肌へと導きます

原液がそのまま美容液として使われることがあるほどに、ビタミン類やミネラル類、各種アミノ酸といった成分が豊富に含まれるプラセンタエキス。
そうした豊富な各種成分が、肌に多角的に働きかけます。
うるおい不足、ハリ・弾力の低下といった年齢肌のさまざまな悩みにアプローチします。

≪サクシノイルアテロコラーゲン≫
肌にハリをもたらして、揺らぎに強い安定肌へと導きます

コラーゲン同士が固まりにくい構造に処理されたサクシノイルアテロコラーゲン。 肌をうるおいと弾力を与えるとともに、皮膜を形成することにより肌を外界の刺激から保護してコンディションを安定させます。

全成分表示

水 グリセリン BG ミリスチン酸オクチルドデシル ベタイン トレハロース シソ葉エキス オタネニンジン根エキス シャクヤク根エキス カミツレ花エキス プラセンタエキス サクシノイルアテロコラーゲン アロエベラ葉エキス トウキ根エキス アルニカ花エキス キュウリ果実エキス セイヨウキズタ葉/茎エキス セイヨウニワトコエキス ゼニアオイ花エキス パリエタリアエキス ローヤルゼリーエキス ヒアルロン酸Na スクワラン 加水分解シルク レシチン トコフェロール カルボキシメチルキチン アミノカプロン酸 水酸化K グリチルリチン酸2K カルボマー グリチルレチン酸ステアリル ノノキシノール-10 ステアレス-13 ジメチコン ステアリン酸 ラウロイルグルタミン酸ジステアレス-5 ベヘニルアルコール エタノール フェノキシエタノール

こんな方へおすすめ
  • 乾燥肌・敏感肌をやさしくうるおす乳液をお探しの方
  • ライトな感触のスキンケアアイテムがお好みの方
  • 刺激に負けないすこやかな肌を目指している方
ご使用方法

1回の使用量目安 10円玉大

1

手のひらに適量を出したら、人肌で温めてからほおにのせます。

2

乾燥が気になる箇所から乳液をのせていきます。

3

軽い力で中指と薬指を使って、滑らせるように顔の中心から外側へなじませていきます。

4

目まわりは指の腹でやさしく押さえてなじませます。

乾燥が気になる時期は、少量で2-4の手順を繰り返して重ね付をします。

ここがポイント

乾燥が強い時期、初めてお使いの方は、ターンオーバー(新陳代謝)が乱れ、肌に老廃物が残って浸透しづらくなっていることがありますので、通常の目安量よりも多めにお使いいただくことをおすすめします。

また少しでも長く使うために適量以下で使用を続けていると、慢性的に保湿が足りない状態が続くことがあり、本来の効果が半減してしまいます。

肌のターンオーバー(新陳代謝)が正常に行われるようになるまでは、肌にじゅうぶんな保湿をするために、適量または少し量を増やして保湿を行ってください。

肌をたたくようにパッティングすることは肌に刺激を与えることにつながり逆効果です。 軽いマッサージを行うように、やさしく丁寧に、お顔全体に行き届くようにご使用ください。

使用上のご注意

美健漢方化粧品は、植物エキスを多種高配合しているため、これらの成分が沈殿する場合があります。 軽く数回振ってからご使用ください。

<ご自身のターンオーバー周期の目安をご確認ください>
年齢別ターンオーバー周期の目安
年齢 10代 20代 30代 40代 50代 60代
ターンオーバーの周期 20日 28日 40日 55日 75日 100日
<ご自身のターンオーバー周期の目安をご確認ください>
年齢別ターンオーバー周期の目安
年齢 ターンオーバーの周期
10代 20日
20代 28日
30代 40日
40代 55日
50代 75日
60代 100日

ターンオーバーが2巡するまでは、1回ごとに洗顔後の「シソエキス基礎化粧品 化粧水・乳液・クリーム」、それぞれの量を普段使いより多めに塗布いていただくようおすすめしています。

ターンオーバー周期の正常化が順調に推移することによって、「ハーブ ミルキーローション No.1」の浸透力があがり、保湿効果がアップします。

詳しくはコチラをご一読ください → 「肌トラブルの原因とは?」

お客様の声
お客様の声
    夏用にしています
  • 投稿者: A・M様

                      

    紫蘇化粧品シリーズで揃えているのですが、乳液は春・夏にクリームの代わりに使ってます。
    (秋・冬はクリームに切り替えてます) 
    ベタベタしないので、いつもより乾燥が気になる日には多めに重ね塗りするとちょうどいいです。

                      
  • 超乾燥肌なので・・・
  • 投稿者: M・N様

                      

    「シソエキス基礎化粧品」を常にセットで用意してあります。

    私は超乾燥肌なので、化粧水・乳液を使ったあとに、さらにクリームをたっぷり塗ってちょうどよくなります。
    油断するとすぐに粉をふいてしまうほど乾燥しやすいので、この乳液とクリームは欠かせません。

                      
  • さらっとした使用感がお気に入り
  • 投稿者: H・M様

                      

    花粉症で目周りが特に乾燥しやすく、乾燥するとすぐにかゆみにつながってしまうのですが、最近は小さなボトルに1~2日分くらいの乳液を移して持ち歩いています。

    出先で乾燥を感じた時に、お化粧の上から薄くぬるだけで全然やわらぎます。
    隠れ花粉症ケアでおすすめです!

                      
  • やっぱり乳液は違う!
  • 投稿者: Y・N様

                      

    昔はかなり雑なお手入れで化粧水だけしか使っていなかったんですが、美容のプロによるお肌診断でかなりの乾燥で、キメが乱れているのを見せられ、あわてて乳液を追加しました。

    化粧水をたっぷり浸透させたあとに乳液もたっぷり。
    私の場合は2度塗りしてしっかり浸透させます。

    たったそれだけのことですが、2週間くらいしてから同様の肌診断をしてもらったら、キメが綺麗な形に戻ってきていました!保湿力があるものをきちんと使うことって大事なんですね。

                      
▲トップへ戻る