1. トップページ
  2. カテゴリから探す
  3. ペリラ リクール スキン <青縮緬紫蘇濃縮液 健康食品 飲用>

ペリラ リクール スキン <青縮緬紫蘇濃縮液 健康食品 飲用>

ペリラ リクール スキン <青縮緬紫蘇濃縮液 健康食品 飲用>
シソ
お客様相談室
何なりとお気軽にお尋ねください
0120-122-457
9:00 ~20:00 定休日:日曜・祝日

不快なムズムズ、過敏なコンディションに働きかけるシソの葉エキス


紫蘇は薬用や香味用食品として日本でも古くから親しまれた代表的な植物です。近年はその成分の働きが特に注目されています。

「ぺリラ リクール スキン」は、契約農家で減農薬栽培された青縮緬紫蘇から抽出されたシソの葉エキスを、さらに飲用として精製した濃縮液です。

内容量30mlは、青縮緬紫蘇 約1500枚分のエキスに相当します。

有効成分としてルテオリンなどのフラボノイド配糖体やロスマリン酸などが含まれています。
紫蘇特有の芳香成分であるペリルアルデヒド及びぺリラケトンは除去してあります。

水などに溶かして飲むだけ、お子様にも楽に続けられます。根気良く続けることが大切です。

原材料名 シソの葉エキス エタノール

内容量 30ml
定価:4,200(税込)


会員価格 :¥ 2,592 (税込)

加算ポイント:120pt

数量
お客様相談室
何なりとお気軽にお尋ねください
0120-122-457
9:00 ~20:00 定休日:日曜・祝日

商品詳細

こんな方へおすすめ
  • シソ葉エキス(紫蘇濃縮液)をお探しの方
  • 「シソ葉エキスの恵」をご体感になりたい方
  • 「シソ葉エキスの効能」に関する書物でお知りになった方
ご使用方法

1回の使用量目安 100ccに対して3~4滴

1

飲む前に軽く容器を振ってください。高濃度なのでエキスが下に沈殿することがあります。

2

100ccに対して3~4滴を目安にたらします。

ここがポイント

・食品ですから特別な定めはございませんが、1日に3回、水や無糖の飲料になどに溶かしてお飲みください。
・1ヶ月で1本程度お召し上がりください。

使用上のご注意

お悩みが気にならなくなっても、しばらくはしっかり飲み続けましょう。

お客様の声
お客様の声
    食事時に必ず
  • 投稿者: S・M様

                      

    私は晩御飯時の汁物に入れて摂取してます! 
    お味噌汁とか、食後のお茶とか、何に入れても味は変わらないので簡単にとれます。
    子供の頃からアレルギーもちなのですが、毎日濃度の濃い「ペリラリクールスキン」を摂るようになって、かなり楽になってきたと思います。

                      
  • 季節の変わり目にも負けない
  • 投稿者: Y・U様

                      

    季節の変わり目、特に春になるときにムズムズが辛いのですが、年間通して「ペリラリクールスキン」を摂るようになってから、あまり変わり目の変化が起きないようになってきました。

    あまりに辛い時にはお医者さんからの薬を飲むこともあったのですが、今はそこまでひどくなることもなく、今までとは徐々に変わってきているのを感じます。

                      
  • 薬のかわりに
  • 投稿者: I・T様

                      

    アレルギーの薬は眠くなったりだるくなったりして、少しずつ減らしていきたいと思っていたのですが、やっぱり飲まないと辛くて・・・。でも少しでも自然な方法で改善できないかと思い、紫蘇を食べるようにしてたのですが、もともと味が苦手なので、日常に食べる量では限界が・・・。

    そんなときに検索してこの紫蘇の濃縮液を知りました。
    無糖のコーヒーなどに入れてもOKということだったので、仕事中の飲み物に入れて飲んでいます。
    普通に紫蘇を食べていたとき以上に摂取できると知り、飲み始めて2年が経ちますが、今年は病院に行かなくても乗り切れました。
    最初からこうしてればよかったなぁと思いました。

                      
  • 保湿とペリラリクールスキンで
  • 投稿者: I・C様

                      

    季節の変わり目で、ムズムズと腕のかゆみがあったのですが、ムズムズは体の内側から「ペリラリクールスキン」「ペリラスキンケアローション」で、外側はで保湿、と毎日ケアを続けています。
    一日二日では全然効果は感じなかったですが、続ければ続けるほど「あれ?去年と違う」と変化に気づきます。
    続けることがポイントだと思います!

                      
▲トップへ戻る