1. トップページ
  2. カテゴリから探す
  3. 草根木花 ハーブ モイスチュアクリーム No.1 (シソエキス クリーム)

草根木花 ハーブ モイスチュアクリーム No.1 (シソエキス クリーム)

お客様相談室
何なりとお気軽にお尋ねください
0120-122-457
9:00 ~20:00 定休日:日曜・祝日

艶やか潤い美肌へ!乾燥肌・敏感肌・ゆらぎ肌を癒す紫蘇クリーム


刺激に対して過敏に反応してしまう敏感肌を鎮め、乾燥でこわばった肌をやさしくほぐして柔軟に。肌のバリア機能をサポートするシソエキス*を主成分としたクリームタイプの紫蘇化粧品です。

天然植物エキスをはじめ各種保湿成分がたっぷり配合された、べとつかない使い心地のクリーム。乾きがちな肌をうるおいで満たします。

紫蘇化粧品シリーズの化粧水や乳液と合わせてお使いいただくことで、補給したうるおい成分を肌に長くとどめ、各アイテムの成分による多角的な働きがより速やかに、健やかな肌へと導きます。

ふっくらとキメを整え肌を保護するので化粧下地を兼ねたデイクリームとして。
また、乾燥の気になる肌のナイトクリームとしても。朝・晩使ってトラブルを寄せつけない肌に。

*シソエキス(成分表示名:シソ葉エキス)

内容量 60g
定価:¥4,200(税込)


会員価格 :¥ 3,024 (税込)

加算ポイント:140pt

数量
お客様相談室
何なりとお気軽にお尋ねください
0120-122-457
9:00 ~20:00 定休日:日曜・祝日

商品詳細

草根木花 ハーブ モイスチュアクリーム No.1 (シソエキス クリーム)

  • 保湿
  • 保護
  • 収れん
  • キメ

乾燥肌 敏感肌 混合肌 普通肌 シェアドコスメ (男女兼用化粧品)
和漢自然派化粧品 無香料 無着色

主な配合成分
≪シソエキス*≫

肌のバリア機能をサポートし、すこやかな肌へと導きます

縄文時代の遺跡からもその種実が見つかっているほど古くから日本人になじみ深かった紫蘇は、香味料としてよく知られますが、そのすぐれた働きから奈良時代の頃より民間薬の材料としても利用されてきた長い歴史も持っています。

そんな紫蘇の葉(青紫蘇や縮緬紫蘇またはその近縁植物の葉)から抽出されるシソエキスを化粧品に配合することで、水分保持力が低下し外部からの刺激に対する抵抗力の落ちてしまった肌表面のバリア機能をサポート、すこやかな肌へと導きます。

トラブルを抱えた肌や刺激に対し過敏になってしまった肌を落ち着かせ、やさしく引き締めることによりキメの整った刺激をはね返せる力を持った強い肌へと導きます。

*シソエキス(成分表示名:シソ葉エキス)

≪オタネニンジン根エキス≫
巡りをスムーズにして、肌に活力をもたらします

高麗人参の別名でも知られるオタネニンジンはウコギ科の多年草です。 その根から抽出されるオタネニンジン根エキスには、肌を活性化させるといわれているサポニン類が含まれます。年齢肌の滞りがちな巡りにもアプローチ。

肌の生まれ変わりのサイクルや循環をスムーズにして、生命力あふれるいきいきとした肌に導きます。

≪甘草エキス*≫
甘味成分が肌荒れにアプローチし、肌コンディションを良好に整えます

マメ科の多年草である甘草は、その名前の通り砂糖の50倍ともいわれる甘味成分が特徴です。甘草またはその同属植物の根および根茎から抽出されるカンゾウ根エキスは、その甘味のもととなっているサポニンの一種(グリチルリチン)の働きにより、刺激を受けて弱った肌を癒します。

頑固な肌荒れにもアプローチし、また、UVダメージに負けない透き通った肌へと導く働きも。

*甘草エキス(成分表示名称:カンゾウ根エキス)

≪アロエベラ葉エキス≫
肌をうるおしクールダウン、肌ダメージをやわらげます

ユリ科の植物であるアロエベラの葉から抽出されるアロエベラ葉エキスは、肌にうるおいを与えてクールダウンさせ、刺激から保護して、ダメージを受けた肌をサポートします。
また、紫外線から肌をガードする働きにより、クリアな肌へと導きます。

≪プラセンタエキス≫
豊富な成分が多角的に働きかけ、肌に活力を与えます

原液がそのまま美容液として使われることがあるほどに、ビタミン類やミネラル類、各種アミノ酸といった成分が豊富に含まれるプラセンタエキス

そうした豊富な各種成分が、肌に多角的に働きかけます。 肌にうるおいを与える作用、ハリ・弾力をもたらす作用など、いくつものすぐれた働きが、年齢肌のさまざまな悩みにアプローチします。

≪スクワラン≫
皮脂にも含まれるうるおい成分が肌を保護し、ふっくらと柔らかにします

肌表面に存在する皮脂そのものにも含まれるスクワランが、肌にスッと浸透してみずみずしく柔軟な肌へと導きます。肌のバリア機能をサポートし、紫外線から肌を守る働きも。

≪ヒアルロン酸Na≫
肌にグングン浸透して、角質層の水分量を高めます

水分を保持するすぐれた働きを持つヒアルロン酸Naは、その肌なじみの良さも特徴。 素早く肌に浸透して、肌表面の角質層の水分量を高めます。

全成分表示

水 グリセリン BG パルミチン酸イソプロピル ベタイン トレハロース ステアリン酸グリセリル(SE) ステアリン酸 ステアリン酸グリコール(SE) シソ葉エキス オタネニンジン根エキス カンゾウ根エキス アロエベラ葉エキス プラセンタエキス スクワラン ヒアルロン酸Na カミツレ花エキス トウキ根エキス シャクヤク根エキス アルニカ花エキス キュウリ果実エキス セイヨウキズタ葉/茎エキス セイヨウニワトコエキス ゼニアオイ花エキス パリエタリアエキス サクシノイルアテロコラーゲン 加水分解シルク ローヤルゼリーエキス レシチン トコフェロール カルボキシメチルキチン アミノカプロン酸 セスキオレイン酸ソルビタン オリザノール グリチルリチン酸2K グリチルレチン酸ステアリル カルボマー ポリソルベート60 ジメチコン ベヘニルアルコール パルミチン酸セチル 水酸化K エタノール フェノキシエタノール

こんな方へおすすめ
  • 乾燥肌・敏感肌のコンディションを整えてくれるクリームをお探しの方
  • 保湿クリームを使いたいが、べとつき感のあるものは苦手という方
  • 刺激をやわらげ肌を保護することを重視したスキンケアを目指している方
ご使用方法

1回の使用量目安 真珠玉大

1

手のひらに適量を出したら人肌で温めます。

2

乾燥が気になる箇所からクリームをのせていきます。

3

軽い力で中指と薬指を使って、滑らせるように顔の中心から外側へなじませていきます。

4

目まわりは指の腹でやさしく押さえてなじませます。

乾燥が気になる時期は、少量で2-4の手順を繰り返して重ね付けをします。

ここがポイント

乾燥が強い時期、初めてお使いの方は、ターンオーバー(新陳代謝)が乱れ、肌に老廃物が残って浸透しづらくなっていることがありますので、通常の目安量よりも多めにお使いいただくことをおすすめします。

また少しでも長く使うために適量以下で使用を続けていると、慢性的に保湿が足りない状態が続くことがあり、本来の効果が半減してしまいます。

肌のターンオーバー(新陳代謝)が正常に行われるようになるまでは、肌にじゅうぶんな保湿をするために、適量または少し量を増やして保湿を行ってください。

肌にこすりつけるように力を加えることは、肌に刺激を与えることにつながり逆効果です。
軽いマッサージを行うように、優しく丁寧に、お顔全体に行き届くようにご使用ください。

シソエキスの力をよりご実感いただくためには、ナイトクリームとしてのご使用がおすすめです。
お肌の乾燥による肌荒れなど、気になっている部分に軟膏のようにたっぷり塗布ください。
2~3ヶ月続けてお使いいただくことで、より整ったお肌を実感することができます(個人差があります)

<ご自身のターンオーバー周期の目安をご確認ください>
年齢別ターンオーバー周期の目安
年齢 10代 20代 30代 40代 50代 60代
ターンオーバーの周期 20日 28日 40日 55日 75日 100日
<ご自身のターンオーバー周期の目安をご確認ください>
年齢別ターンオーバー周期の目安
年齢 ターンオーバーの周期
10代 20日
20代 28日
30代 40日
40代 55日
50代 75日
60代 100日

ターンオーバーが2巡するまでは、1回ごとに洗顔後の「シソエキス化粧品 化粧水・乳液・クリーム」、それぞれの量を普段使いより多めに塗布いていただくようおすすめしています。

ターンオーバー周期の正常化が順調に推移することによって、「ハーブ モイスチュアクリーム No.1」の浸透力があがり、保湿効果がアップします。

詳しくはコチラをご一読ください → 「肌トラブルの原因とは?」

お客様の声
お客様の声
    化粧下地にしています
  • 投稿者: Y・S様

                      

    店長様から化粧下地として使っても大丈夫と言われたので使っています。
    メイク品も美健漢方研究所さんの「UVハーブトリートメントパクト」を使っているので相性も抜群です。

    とにかく空気が乾燥している日は保湿をしっかりしたいので、メイクの時にも保湿力が高いクリームを使いたかったので、大満足です。
    他メーカーの化粧下地は敏感肌の私には赤みが出てしまったりと刺激を感じやすく、困っていました。

    ただ紫外線カット効果は専用のクリームよりはやはり弱いそうなので、紫外線の強い時期はクリームの量を少し減らして、専用の「UVハーブ トリートメント メイクベース」をクリームの上に塗って使っています。

                      
  • 超乾燥肌なので・・・
  • 投稿者: M・N様

                      

    「シソエキス基礎化粧品」を常にセットで愛用しています。
    私は超乾燥肌なので、化粧水・乳液を使ったあとに、さらにクリームをたっぷり塗ってちょうどよくなります。
    油断するとすぐに粉をふいてしまうほど乾燥しやすいので、この乳液とクリームは欠かせません。

                      
  • 花粉症でも使える!
  • 投稿者: K・T様

                      

    花粉のシーズンになると顔全体がもうかゆくてかゆくてたまらなくなります。
    乾燥でも悪化するんですけど、化粧水やクリームが逆にしみて痛みを感じてしまうこともあり、保湿ケアが辛くなっていたことがありました。

    花粉症の友人に美健漢方研究所の「ハーブ モイスチュアクリーム No.1」を教えてもらい、最初は自分の元々使っていた化粧水の上にクリームだけ使ってみたのですが、クリームをつけた瞬間、まずしみないことにびっくり。

    たっぷり塗ってもべとつかないし、乾燥が和らいできたことを感じ、手持ちの化粧水から一気に「シソエキス基礎化粧品」に変更。今では全く刺激を感じず、保湿がばっちりになりました!

                      
  • アトピー肌にも使える
  • 投稿者: I・N様

                      

    子供の頃からアトピーで、親が手作りの保湿化粧水を作ってくれていたのですが、それだと刺激はなくても保湿力がイマイチで、肌の乾燥にはあまり効果がありませんでした。

    大人になってから美健漢方研究所さんの「シソエキス基礎化粧品」を知り、シリーズで使うようになったのですが、初めて肌にツヤが出てきて、乾燥も予防できるようになりました。

    安心してたっぷり使えるので、一生使っていきます!

                      
▲トップへ戻る